読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルシンキ滞在2日目

6月16日
今日は朝から夕方まで淡々と会議。俺が最後のスピーカーだったのでちょっと冒頭ウケを狙おうと考えていたのだが、直前で他の発表者が最後にして欲しいと言い出したらしく俺は繰り上がって最後から2人目に。ネタはボツ。プレゼン自体はまあ、練習の甲斐あって言いたいことは全部言えたし、質疑応答でウケを取ったのでよしとする。

夕方から主催者が用意してくれたボートとディナー。2階建てのボートの1階で飲みながら食べておしゃべり。その間にボートはヘルシンキの南側を回り込んで(あのビルで俺は働いてるんだ…ふーん、フィンランド生まれなの?…いや、ハンガリー生まれだけど、大学がヘルシンキだったんだよ、それで最初はドイツで働いてたんだけど、まあいろいろあっていまはあそこで…)小さな島がたくさんある海域をふらふらしている。

途中、2階というか屋根の上に上がって外の風にあたる。夜だというのに日はまだ高く、昼下がりといった雰囲気。
f:id:k3c:20150623003256j:image

ヘルシンキは岩盤の上にできた都市なのだそうだ。だから家も岩盤の上に建てるし、小島も砂浜とかはなくてむき出しの岩盤の上に少しだけ乗った土に張り付くように草や木が生えていて、こじんまりした家がポツリと建っている。(Midsummerの間、みんなああいう別荘で家族だけで過ごすんだ…)Midsummerとは何か?最終日に思い知らされることになる。
f:id:k3c:20150623003408j:image

下に戻って再び談笑。まだ時差ぼけが残っており、21時くらいからもう周りが何を話しているのかよくわからないし分かろうとする気力もない。22時30分にボートが港へ帰るまでほぼ固まっていた。無念。

部屋に帰って、パソコンを無線LANに繋ごうとするがうまくいかない。Webにつなぐと最初にログイン画面が出るので渡されたIDとパスワードを入力する、という方式なのだがログイン画面がエラーで表示されない。自分のiPhoneではちゃんとログイン画面が出てその先にも行けることを確認。つまりこれはパソコンが悪い。ホテルのせいではない。もともとセキュリティのためにいろいろ変な細工がしてあるパソコンなので、さっさと断念して3GのWiFiルーターでつなぐことにする。あがくだけ時間の無駄だ。
鈍い回線でメールチェックだけして、いくつかにのろのろと返事を書いて就寝。