読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選挙活動はムダの極み

今度の週末に市会議員選挙があるので、候補の皆さんが毎朝駅前で挨拶に立ったり、夜まで選挙カーで走り回ったりしていて大変ご苦労さまです。
でもあの選挙カーとかノボリとか、公費で賄われていると聞いた。
正直に言って選挙カーはうるさいし、ノボリとか異様な雰囲気だし、知り合いの候補が複数いると朝に駅前で二人同時に出会ったりしないかとか気になってしまう。
なんでこっちが気を遣わないといけないのか。
あと、挨拶にしろ選挙カーにしろ、候補者の名前を連呼しているだけで、政策とかなんの説明もない。というかそんな短時間でできるわけもない。
選挙に必要なのは政策や実績のアピールと、あとは人となりが分かれば十分なので、そこに予算を重点配分すればいいと思う。
具体的には選挙公報と、あと全候補に均等に時間配分した演説会だけにしたらどうか。
選挙公報は候補一人当たりA3片面にいっぱい書けばいい。政策と自己アピールと議会への出席率と質問の回数と時間の実績。あと条例の提案件数とか。
それ以外は選挙活動を一切禁止したらいいと思う。
そしたら選挙期間中、候補も住民も静かに心穏やかに過ごせるし、アルバイト動員しなくて済むし、投票に必要な情報は全て得られるし、選挙に費やす公費もぐっとお安く済むはず。

この話にはなんのオチもないけど、そこの議員候補さん、当選したら是非、議会でそういう提案をしてほしい。

あと、なんで今回は二回に分けて選挙したのかなあ。費用的にすごくもったいないことだと思う。一回でまとめて全部やればいいのに。県議会議員と市議会議員を取り違えるほど俺たちバカじゃないし、取り違えたら無効票でええやん。

本当にもったいない。ムダの極みだと思います。